ボトックス効果でなりたい自分になる【コンプレックスを改善】

サイトメニュー

筋肉の成長は自制できない

カウンセリング

小顔治療の3つのパターン

小顔治療の種類には、大きく分けて3つのタイプがあります。先天的な顔の大きさや形を変えて小さくするタイプ、生活習慣が原因となる悩みを解消するタイプ、今と輪郭を変えて錯視的に小顔に見せるタイプです。1つ目の先天的な顔の大きさというのは、要するに頭蓋骨のことです。特にアゴの骨が出ているとエラが張った状態になり、顔が大きく見えてしまいます。それを解決する治療は骨削りです。エラ削りとも呼ばれ、物理的に顔を削り、小さくする効果があります。2つ目の生活習慣の悩みは、むくみや脂肪、筋肉の発達が挙げられます。むくみと脂肪は適切なマッサージやダイエットで改善可能ですが、筋肉の発達は自制するのは困難です。そういった場合、ボトックス注射を提案されます。ボトックス注射は筋肉の発達を抑制し、小さくする効果があります。アゴの筋肉が発達しエラとなっている場合、ボトックス注射によって改善が期待できます。最後に、錯視的に小顔に見せる治療は、ヒアルロン酸注射が代表的です。顔が大きく見えるのは輪郭やパーツのバランスが原因になっていることもあり、注射でメリハリをつけることで小顔に見せる治療です。治療方法としてボトックス治療が選ばれるのは、筋肉起因の症状のみです。そもそもボトックス治療が持つ効果とは、筋肉への神経伝達を遮断してリラックス状態にするのが主体です。運動不足の人の筋肉が少ないのと同じ原理で、筋肉が使われなければ筋肉量が減り、小さくなります。そのため、筋肉質の体を華奢にしたい人や、アゴの筋肉がエラとなっている人への小顔効果、慢性的な肩こりに悩んでいる人に効果を発揮します。ボトックス治療を受けたい場合、美容外科クリニックを受診することになります。美容外科クリニックは全国各地で経営されているので、どこを受診するかも吟味することを推奨します。ボトックス治療は注射による治療で、注入する成分の分量や針を刺す位置など、医師の技量が問われます。信頼できる医師がいるクリニックを受診できるよう、口コミサイトやクリニックのホームページを確認し、実績なども確認しておきましょう。また、使用する薬品も安全性が保証されているクリニックであれば安心です。

Copyright© 2018 ボトックス効果でなりたい自分になる【コンプレックスを改善】 All Rights Reserved.