ボトックス効果でなりたい自分になる【コンプレックスを改善】

サイトメニュー

安全性は確認しておきたい

注射

施術の流れと術後

ボツリヌストキシンを初めて美容用に商品化したのが、ボトックスです。品質で医師から絶大な信頼を得ている商品となっています。ただ、長年販売されているにも関わらず、中々値下げとならないのが消費者にとっては残念なところです。しかし、近頃ではボトックスの半額以下となるボツリヌストキシン製剤も発売されています。販売する国は多岐にわたり、アジア製のボツリヌストキシン製剤がリーズナブルな傾向にあります。ボツリヌストキシン製剤の品質に関しては様々な情報が出回っており、結局ボトックスが安全だという話に落ち着くことが多いです。でも実際に医療事故がどのくらい起きているのかは示されていませんし、またボトックスでの事故との比較もできないのが現状です。その一方で、近頃のボツリヌストキシン製剤はいずれも安全で、効果に差はないと言う医師がいるのも事実です。クリニックも商売ですから、商品のランク分けをして高い商品を売るという方法は罪ではありません。ですから、安いボツリヌストキシン製剤に惹かれるが効果や副作用が心配だという場合は、医師に医療事故などについて確認してみるといいでしょう。ボトックスの施術は、カウンセリングを受けた当日に行うことが可能です。悩んでいる部位について医師に話した後、医師は状態を確認、問題なければ注入箇所を決めていきます。ボトックスの効果についてや副作用などについても説明されるでしょう。注入箇所にペンでマーキングしたら、いよいよ注入です。注射なので、痛みを軽減するために麻酔クリームを塗るのが一般的です。中には痛みに弱い方のために笑気麻酔を用意しているクリニックもあります。顔へボトックス注射をする場合の所要時間は、10分程度です。皮下出血を防ぐために、注射を打った後皮膚を圧迫します。その後はすぐに帰宅が可能です。注射後はボトックスの成分が希望箇所以外に流れてしまわないように、3時間は横にならないようにして、24時間は擦ったり揉んだりする行為は避けます。ただ、数時間内にシワを形成するよう筋肉を動かすことは、効果を高めるとして推奨されています。ボトックスの効果が最大限に高まるのは数週間後、持続期間は3から4ヶ月です。4ヶ月後くらいに次の注射を打って、それを繰り返すと筋肉の萎縮が期待できます。

Copyright© 2018 ボトックス効果でなりたい自分になる【コンプレックスを改善】 All Rights Reserved.